おすすめ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。
おすすめ情報

紙の出版物の今後はどうなるのでしょうか?ひたすら減っていくのかといえばそうでもないようです。
例えば、辞書。一時期は電子辞書にお株を奪われたかに見えましたがここのところ持ち直しているそうです。
最近では小学校で辞書教育が盛んで、なんでも紙の辞書をひき、調べた文字に付箋紙をはったりしています。(もっとも私自身は、辞書を引くのが苦手でなかなか目的の言葉にたどり着けなかったりするので、電子辞書はとっても重宝していますが。)
また、紙の図鑑なども、子供たちの教材としてとても人気です。まだまだ紙の出版物も捨てたものではありません。紙の出版物が地上から無くなる日ははたして来るのでしょうか?やはり重要書類は、紙でなくてはいけません。やはり、電子データは、データ。膨大なデータを保管するには向きますが、ものを読むことについては、まだまだ紙の方が優秀だと思います。

おすすめ情報

当分は紙の出版物はなくならないでしょう。本といえば、世界中の電子書籍をインターネットでつなぐ試みがあります。本に出てくるさまざまな言葉をキーワードとすれば、全ての世界中の本がつながる。。。
たしかにそうですよね。でも、まだまだ本の電子化が進んでいるとはいえません。著作権の問題もあります。いまだに手書きで書いている作家さんが電子書籍化を認めるのには時間がかかるでしょう。また、電子化されれば、よくもわるくも最終的にはフリーになります、音楽のように。
そうなったときには、印税が減ることになりますが、代わりの収入源は何があるでしょうか?たとえば歌手であれば、CDの売り上げの代わりにライブによる収入源がありますが、作家さんの場合は。。。